セラピスト

セラピスト(Therapist)とは、特定の治療法に熟練した人、セラピスト、療法士、治療専門家
仕事や日常生活でのさまざまなストレスから、不安や生き甲斐消失、孤独、疲れといった多くの苦しみを抱える現代人に、安らぎと癒しを与える仕事です。
癒しの方法は、マンツーマンでのカウンセリングや、植物の精油を用いて香りの効果により癒す「アロマセラピー」、カラーボトルと呼ばれる独自のオイルボトルを使用し、色と光によって癒す「カラーセラピー」などさまざまです。

アロマセラピストやカラーセラピストの場合、専門サロンに勤務するのが一般的。セラピスト養成スクールでインストラクターとして活躍するセラピストもいます。ニーズの高まりとともに、個人で開業する人も、徐々に増えてきています。近年、セラピーの癒し効果は、介護福祉の分野でも注目されており、ホームヘルパーや介護士の方が、+αの技術として、セラピースキルを身につけるケースも目立ちます。

相手の心を敏感に感じることができる洞察力や観察力が求められます。人の心を癒すセラピストは、相手の心に直接触れる仕事です。そのためには、まずは自分自身の心を理解することが大切。自己分析ができていなければ、他人の心を動かすことなどできません。また、知識だけでなくクライアントとして実際にセラピーを受け、その効果を自分自身の体験を通じて理解していることも大切です。

セラピストの仕事とは?

音楽や色、香りなどを用いて、ストレスなどで精神的ダメージを負った人たちの心をリフレッシュし、癒すのがセラピストの仕事。森林セラピー、アロマテラピー、リフレクソロジー、音楽セラピー、カラーセラピー、アニマルセラピーなど、セラピーにはさまざまな手法がある。またセラピーの対象者は、幼児から高齢者まで幅広い。

セラピストの適性・活かせる才能

セラピストは、人の心をリフレッシュさせることが一番の目的。悩みごとを丁寧に聞いたり、リラックスさせることのできる人に向いている。常に笑顔を絶やさず、誰とでも気軽に接することのできる性格の人に適した職業といえるだろう。

セラピストで必要とされる知識・スキル・資格

ベースとして心理学の基本的な知識は備えておきたい。また、それぞれの施術において、音楽や芸術、色などの専門知識は欠かせない。セラピストになるために必須の資格はないが、仕事をする上で、それぞれの専門セラピストとしての資格は取っておきたい。

セラピストの働く場所・雇用形態

専門サロンや病院、福祉施設など。また、セラピストのスキルを美容やシェイプアップに活かすため、エステサロンなどに勤める人も多い。雇用形態は非常勤のほか、正社員など。フリーランスとして活動している人も多い。実力と経験次第では、個人開業の道もある。

セラピストスクールの特色

セラピストを目指すプロコースでは、アロマトリートメント、リフレクソロジー、ボディケアの3つの基本技術を学び、セラピストとして必要な基礎医学や精油学、心理・カウンセリングの基礎知識などを習得することができる。また、被災地や病院、高齢者福祉施設のボランティアとして参加するための音楽セラピーを中心としたボランティアクラスなどもある。

セラピストになる方法・試験情報

自分が進みたいセラピーの手法を選び、その手法に合ったスクールで学ぼう。自分に何が合っているか分からない人は、体験コースに行って、専門のスタッフにアドバイスをもらう方法もある。スクールに系列サロンなどがある場合は、スクール修了後、就職につながる可能性もある。

セラピストスクールの費用の目安

体験レッスンは費用0円から。講座の費用は入学金、受講料を含めて5万円~40万円程度。期間・時間数は、1~6ヶ月(学習時間:5~90時間程度)が目安。

セラピストは単に人を癒すための「技術屋さん」だけで良いという時代ではなくなりました。特に個人開業者は、「知らなかった・・・」では済まされない常識・法律・税制の知識を身に着けなければ未然に防げたはずのトラブルに巻き込まれるケースもあります。セラピストとして「人を癒したい」という心も大事ですが、1社会人、1ビジネスパーソンとしての実力と教養を身に着けて、ぜひ世の中に認められるセラピストになっていただければ我々の本望とするところです。

 セラピストに関係する協会・機構

  • 公益社団法人 日本アロマ環境協会
    http://www.aromakankyo.or.jp/
    アロマテラピー検定2級・1級/アロマテラピーアドバイザー/アロマテラピーインストラクター/アロマセラピスト/環境カオリスタ検定

アロマテラピー検定:アロマテラピーを自分自身で楽しんだり、家族、周囲の人に楽しんでもらったり、健康維持のために用いる知識を問います。

  • 日本アロマコーディネーター協会
    http://www.jaa-aroma.or.jp/
    アロマコーディネーターライセンス/インストラクターライセンス/アロマハンドリラックスライセンス/アロマフェイシャルリラックスライセンス/チャイルドケアコーディネーターライセンス/アーユルヴェーディックアロマセラピー検定/ペットアロマ検定/アロマ検定(ネット)

アロマコーディネーターライセンス:最もベーシックな基礎理論と基本実技の体系であり、取得後、自身の目的に応じた様々な上記、学習体系とライセンスを用意している。

  • NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)
    http://www.nardjapan.gr.jp
    アロマ・アドバイザー/アロマ・インストラクター/アロマ・トレーナー/アロマ・セラピスト/アロマセラピスト・トレーナー

基本知識を身につけるアドバイザー、講師になるためのインストラクター、専門家を育てるトレーナー。アロマトリートメントを学ぶセラピスト、セラピストを教えるセラピスト・トレーナー。いずれも独自の資格です。

  • 一般社団法人日本フィトセラピー協会
    http://www.japhy.or.jp
    フィトセラピーアドバイザー/フィトセラピスト/フィトセラピーインストラクター

フィトセラピーアドバイザー:フィトセラピーを日々の生活で役立てていくために欠かせないハーブ15種・アロマ10種の知識を持ち、正しい使い方などをご自身のみならず、ご家族の方々に伝えることのできる能力を認定する資格です。

認定コースを修了し卒業試験に合格するとIFA認定試験を受験でき、合格者にIFAアロマセラピスト資格を授与。正会員登録者のみが認定アロマセラピストに。会員更新の際、知識と技術の維持・向上の活動(CPD)報告が必要です

  • IFPA(The International Federation of Professional Aromatherapists)
    http://www.ifparoma.org
    IFPA認定アロマセラピスト

認定校でディプロマコースを受講後、試験合格者に認定。英国の大学でもIFPA認定アロマセラピー学科が設けられるなど、そのカリキュラムは教育機関からも高い評価を得ています。日本の認定校は、IFPAホームページに掲載されています。

  • ITEC(International Therapy Examination Council Limited)
    http://www.itecworld.co.uk/
    ITEC認定アロマセラピー/リフレクソロジー/ホリスティックマッサージ/リンパドレナージュマッサージ/ジムインストラクター/スポーツマッサージ/Beauty Specialists/Spa Treatment

プロのセラピストとして認知。代替補完療法の先進国である英国においては、ITECのディプロマ保持者は世界的に有名なロイズ・オブ・ロンドン損害保険に加入する資格が持てるほど、知識及び技術の確かさが認められていることになります。

  • CIBTAC(The Confederation of International Beauty Therapy & Cosmetology)
    http://www.cibtac.com/
    国際ライセンス CIBTAC

CIBTACは美容、健康、癒しに関わる国際ライセンスを発行する機関です。本校では、CIBTACの中でも世界的に最も汎用性のある資格を1年コースに網羅し、他にアロマやホットストーンなどの単科コースも開講しています。

  • 特定非営利活動法人 日本スパ振興協会
    http://www.n-spa.org
    スパアドバイザー/スパアドバイザー プロフェッショナル/スパアドバイザー認定講師

スパアドバイザー検定初級:スパの基本知識を習得していただき、安全にスパを楽しんでもらうことと、これからスパで働きたい、またはスパに関わる仕事がしたいと考える方のための資格。

  • 一般社団法人日本スパ協会
    http://www.j-spa.jp/
    スパセラピスト技能認定スタンダードⅡ

トリートメントサービスを主な業務とするスパ施設、エステサロン、マッサージサロン、鍼灸、按摩治療院等で通算1年以上の実務経験者を対象とし、最終の学科試験で必要な知識を持つと評価されることが基準の認定。

  • 一般社団法人日本エステティック協会
    http://www.ajesthe.jp/
    認定エステティシャン資格

エステティック業界の中核を担うエステティシャンのための資格です。日本ではエステティシャンの公的な資格制度が確立していないため、エステティシャンの知識、技術のレベルを示すひとつの指針となるものです。

業界初!日本セラピスト検定機構(JCAT)はWEBでセラピスト検定を実施しています
それぞれの検定に対応したJCATオリジナル制作のテキストをこのサイトで購入できます。
基本的にはテキストに準じてご自身で勉強いただければ合格できる内容となっております。
検定は大きく分けて、知識・常識・考え方を学ぶセラピスト検定と会計・税務を学ぶ会計コンシェルジュ検定の2種類となります。

  • セラピスト検定3級(WEB筆記試験)
  • セラピスト検定2級(会場筆記試験)
  • セラピスト検定1級
  • セラピスト会計コンシェルジュ検定 初級編
  • セラピスト会計コンシェルジュ検定 上級編

あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう師等に関する法律(あはき法)

「第一条 医師以外の者で、あん摩、マツサージ若しくは指圧、はり又はきゆうを業としようとする者は、それぞれ、あん摩マツサージ指圧師免許、はり師免許又はきゆう師免許(以下免許という。)を受けなければならない。
第十二条 何人も、第一条に掲げるものを除く外、医業類似行為を業としてはならない。ただし、柔道整復を業とする場合については、柔道整復師法(昭和四十五年法律第十九号)の定めるところによる。」

と法律のとおりあん摩マッサージ指圧師以外がマッサージを仕事とすることは禁止されています。

法的にはマッサージの言葉を使うことはもとより、マッサージ行為を行うことすら禁止です!

最近のリラクなどは、
「我々がやっているのはマッサージではなくリラクゼーション、癒しだ」
などとしております。
こうすると昭和35年にあった医療類似行為に関する最高裁判例で、
「人体に危害のない医療類似行為は、危害の有無を持って取り締まるべき」
という判例があるからです。

リラクゼーションサロンで開業は、許可や届け出についての法的な許容範囲です。

リラクゼーションサロン自体に専門の法律は存在せず、リラクゼーションサロンは自由業になります。開業する場合は保健所への届け出はなく、税務署に開業届を出すだけで済みます。

もちろん個人事業主として確定申告を行う場合、開業後1ヵ月以内に開業届を税務署に提出します。

その他の法律との関わり

衛生法規の中には施術の際に人の肌に直接ふれる事がある場合、公衆衛生との関連が生じるため衛生法規に関わりがあるようなので注意が必要です。

化粧品、健康食品を販売する場合「薬事法」が関係します。シミがなおる、美白、アンチエイジングなど嘘または誤解させるような表示や、誇大広告等にも注意です。他にマッサージ治療を目的とする広告はあはき法に触れるので対策が必要です。

公衆浴場法はシャワー設備、サウナ、入浴設備を設置する場合保健所にて公衆浴場法に基づく許可が必要となります。上部に開口があるシャワー設備の場合を除きます。

割賦販売法は化粧品などの商品を分割払いで販売する場合の取引を規制するものです。

リラクゼーションサロン開業費用概算

リラクゼーションサロン

1.リラクゼーションサロン家賃
まず、これが無くては始まりません。
自宅の一部をサロンで利用するのであれば必要ありません。

2.家具類
① マッサージベッド 
② お客様用椅子
③ ホットキャビン 
④ テーブル 
⑤ 収納関係(キャビネット)
⑥ 冷蔵庫 
⑦ 洗濯機 

3.什器備品
① カーテン
② ラグ(カーペット)
③ 玄関マット、足拭きマット、マルチカバー
④ 観葉植物
⑤ 食器類
⑥ 掃除機、清掃用具、洗濯干し、ハンガー・・・
⑦ スリッパ、ドア看板・・・・
⑧ サロンを飾る雑貨、インテリア小物
⑨ 照明器具(蛍光灯、スタンドライト、フロアライト)
⑩ セラピスト用イス
⑪ 移動キャビネット

4.消耗品
① バスタオル
② フェイスタオル
③ ガウン
④ ディスポシーツ(使い捨て)
⑤ 紙ショーツ
⑥ 洗剤、トイレ用品

以上、約100万~130万位必要になります。

ランニングコスト

サロンを運営するために必要不可欠な経費のことです。
以下に列挙するのは代表的な必要経費です。
・家賃
・光熱費(水道・電気代など)
・消耗品(紙ショーツ、オイル代、ティッシュ、洗剤など)
・通信費(電話代、インターネット)
・宣伝費(ホームページ・ホットペーパー)

プライベート癒しサロンは、最低でも1日2人の集客が確保できないと安定的なサロン運営はできないと考えます。
その他、スタッフを雇用すれば、人件費、福利厚生費等が必要です。

勢いで始める前に、きちんと目標を立てて、
現実的なビジネスプランを持った上でサロンを始めましょう。
始めてから考えるのでは手遅れになる場合があります。
何事も準備が必要です。
しっかりした計画があるのであれば、後はちょっとした勇気があれば大丈夫です。

  • セラピスト誌がプロデュースするWEB動画講座|セラピーネットカレッジ TNCC
    http://www.therapynetcollege.com/
    セラピーネットカレッジはWEB動画でセラピーの手技技術、経営の手法や考え方などが学べるセラピストのための通信講座です。
    月額2,000円のレギュラーコース新設!
    新しいセラピーやメソッドの講座をご案内します。サロンメニューに新しい手技を取り入れたいと考えている方、ゼロからセラピーを勉強したい方、セラピストとしての資質をさらに高めたい方などにオススメです。

Chart

Chart


その他

  • りらく
    りらく は主婦・OL・サラリーマンに人気の安くて上手いリラクゼーション店です

国際化・人材戦略




a:2452 t:3 y:2