糖尿病

糖質を摂取すると、血糖値が上昇します。そのため人の身体は糖質を分解・処理し、血糖値を正常に戻すために膵臓のβ細胞からインスリンを分泌します。
ただ、現代のような高糖質食はもちろん、カロリー制限食ですら糖質を抑えられていなければβ細胞に大きな負担を与えます。
現代の高糖質食を5年、10年と続けているとドンドンβ細胞が疲弊、死滅してしまい、インスリンの分泌能能力が衰えてしまうはむしろ必然とすら言えます。
結果、血糖を処理しきれなくなり、高血糖が持続してしまいます。これが糖尿病の正体です!
血糖値を上げすぎず、体の負担、β細胞への負担を減らすことが、糖尿病完治への大きな一歩となります。

医者から言われてカロリー制限をしていても、糖尿病が治ることはありません。それどころか、少しずつ悪化していくだけです。Ⅰ型糖尿病にも効く、14日間糖質制限プログラム
14日間お試しいただいても血糖値が120以下に下がらなければ、代金はいただきません。

14日間糖質制限プログラム

この「14日糖質制限プログラム」を通して2012年8月までに約5000人の糖尿患者の血糖値を正常値に戻してきました。
何度も繰り返しになってしまいますが、カロリー制限や薬で糖尿病を治すことはほぼ無理です。もちろん今後画期的な薬が開発されないとも限りませんが、まだ10年以上は先のことでしょう。
今の薬代、通院時間、糖尿病であるが故にできないこと、そして合併症の危険性。私も糖尿病になってすぐは、そんなに気にしていませんでした。

今でこそ、糖尿病は危機意識を高め早急に治療するべきだと考えていますが・・・。
時々視力が低下したり、脳梗塞などの合併症を引き起こした後に相談にこられる方がいます。
視力はまだ場合によっては回復するので良いのですが、後遺症などが残ってからの治療では遅すぎます。

2011年10月6日に「ため○○ガッテン」でインスリン注射の時期を早め、体内のβ細胞への負担を少なくすることで完治するという内容が放映されていました。
インスリン注射でなくとも、この糖質制限を実践することで、体内のβ細胞への負担は極限まで小さくでき、インスリン注射と同じ、いえそれ以上の効果を生み出すことができます。

薬は上げた血糖値を下げるもので、体(β細胞)に負担をかけます。薬に頼らず
そもそも血糖値を上げず体の負担を減らすことで完治を図る糖質制限をはじめてみませんか?

日本HACCP栄養管理協会 石崎信一

今までの常識を忘れ、完治させるための5項目

[check]糖尿病はカロリー制限では治らない
[check]糖質は脳や身体にとって絶対必要なわけではない
[check]薬で糖尿病を治すことはできない
[check]糖尿病を治すために運動療法なんか必要ない
[check]お腹いっぱい食べながら糖尿病を完治することはできる

糖尿病治療

『隠れ糖尿病』の目安として食後血糖値が140ml/dlと考えます。
この数値を超えれば、動脈硬化のリスクは上昇し、
脳梗塞や心筋梗塞の遠因になるためです。
高血糖の諸症状である「ノドが渇く」「尿の量と回数が増える」などを自覚したら、
健診の結果が良好でも「隠れ糖尿病」を疑うべきです。
「隠れ糖尿病」の多くはやっかいなことに自覚症状がないという。
血糖値だけでなく健診で測定されるHb(ヘモグロビン)A1cにも注目したい。

HbA1cは測定時の血糖値に左右されず、
その人の約1カ月の血糖の状況が反映される数値です。
HbA1c(JDS値)が6・1%を超えると『糖尿病型』と診断されますが、
5・6%を超えれば『糖尿病の可能性を否定できない』と分類されますので、
この数値が『隠れ糖尿病』の目安になります。

私の場合、空腹時血糖値680、HbA1cが11.8、体重80kgでした。

糖尿病改善

ご承知のように糖尿病改善には、一般的に次の3療法です。

  1. 食事療法
  2. 運動療法
  3. 薬物治療
    2型糖尿病や境界型の人は、まず食事療法や運動療法からはじめます。
    医師や栄養士とよく相談のうえ、自分に適したやりかたで日々続けることが大切です。
    このような基本療法だけで血糖値が十分に下がれば薬を使う必要はありません。
    不十分な場合は、飲み薬やインスリン注射による薬物治療が必要となってきます。
    基本療法は、薬を飲みはじめても続けるようにしてください。

食事療法

炭水化物を減らすため、2ヶ月間ご飯・パン・麺類を一切口にせず、
野菜・肉・魚や糖質制限食、食事量も減らし、朝昼晩と一日3回食べました。
特に糖質と摂取カロリー数に気を付け、
毎朝起床後、朝食前に体脂肪計で日々の数値変化を計測・記録、
改善結果がでるまで継続しました。



食事は、

糖尿病などで食事制限が必要な方のための手作り宅配健康食! ウェルネスダイニング

糖尿病だけでなく、腎臓病、高血圧など生活習慣病で食事制限が必要な方に、
管理栄養士監修の手作り宅配健康食を全国へ宅配してくれる、
通販ショップ「ウェルネスダイニング」です!
レンジで温めるだけで食事が完成するので、難しい栄養コントロールの必要がなく、
つくる方の負担も軽くし、お食事を楽しめます。


薬療法

医師指導のもと病院の糖尿病治療薬の他、次のような健康補助食品などを併用しました。

  • フコイダン
    フコイダン(英語名:fucoidan)は、硫酸多糖の一種。コンブやワカメ、メカブ、 モズクなど褐藻類の粘質物に多く含まれる食物繊維で、主に L-フコースが α1-2、α1-4結合で数十から数十万個も繋がった化合物で、平均分子量は約20,000。グルクロン酸を含む U-フコイダン、硫酸化フコースだけからなる F-フコイダン、ガラクトースを含む G-フコイダンなどに分類される。
    褐藻類(モズク、メカブ、コンブ、アカモク、ウミトラノオ等ホンダワラ類等)に多く含まれ、わかりやすい表現手段として海藻のネバネバ成分と表現されることが多い。
    基礎研究として、抗酸化作用、アポトーシス誘導による抗ガン作用、抗菌作用、皮膚創傷修復作用、胃粘膜保護作用、胃潰瘍治癒促進作用、血中コレステロール低下作用が報告されている。
  • Ampalaya Plus
    Ampalaya Plus
    ニガウリは、苦いので食事からではなく、サプリメントを探していました。
    イロイロと検索するうちにフィリピンでも糖尿病の人が多く、
    様々な健康補助食品を見つけることができました。
    アンパラヤ・バナバ・ウコンを原料とした天然ハーブのサプリメントです。
    1日3回、食事の10分前に1カプセル飲みます。
  • Ampalaya Tea
    Ampalaya Tea
    アンパラヤのティーパックで、朝晩1日2回飲んでいます。
  • Januvia・ジャヌビア
    Januvia
    血糖を一定に保つ働きをするインクレチンを分解する酵素を阻害することにより、
    血糖が高い時にインスリン分泌促進作用並びにグルカゴン濃度低下作用を増強し、
    血糖コントロールを改善する、2型糖尿病の治療に用いられます。
    ジャヌビアの作用機序は複雑なので説明を省きますが、
    比較的自然に食欲を低下させインシュリン分泌を促進するよい薬です。
    ジャヌビアをやめて血糖値が上がるかどうかは、やめてみないとわかりませんが、
    上がる確率が高いようです。
    詳細は、コチラ⇒ジャヌビア100mg
  • Massage & CarmenBees Synchrotherapy
    Liberty Lucero & Marie Gabrido 
    Liberty Lucero先生は、とても68歳には見えないほどエネルギッシュで、
    非常に沢山の知識と経験、ライセンスをお持ちのテラピストです。
    今回は、主に糖尿病に関係する、疲れやすい体質改善、視力障害、
    頭痛、痙攣、勃起不全、脱力感、・・・等、治療をお願いしました。
    Marie Gabrido先生と姉妹で今回の治療にあたってもらい、
    朝10時から17時まで昼食をはさみ約5時間、合計5回の治療で、
    治療器等も使いながら、様々なマッサージ施術していただき、
    以前と比べればかなり体調も良くなり、二の腕の落ちた筋肉も戻ってきました。
    予約が必要ですが、次回またお世話になりたいと思っています。
    • お問い合わせ先は、
      ACES1(Asian Center for Effective Skills Inc.) Massage Training Center
      http://aces1.net/

残念ながら、現状は『血糖コントロールが良好な糖尿病』であり、
糖尿病が治ったわけではありません。
今後このままの状態を保つことができれば、
糖尿病性網膜症、糖尿病性神経症、糖尿病性腎症をきたすことなく、
健康な人とほとんど変わりなく過ごすことができます。

糖尿病の治療で一番難しいのは、
一旦よくなった状態を長年にわたって持続させることであり、
その段階で多くの患者さんが挫折します。
糖尿病は血糖値が良くなっても気をゆるめないことが最も大事です。

糖尿病は、少なくとも現在の医療水準では治ることはない病気です。
気をゆるめずに頑張りましょう!

くすり屋さん 安心の個人輸入

1999年の設立以来、 30万人以上のお客様に医薬品をお届けしている
日本語サイト『くすり屋さん.com』
個人輸入についてはっきりとした定義はありませんが、一般的には「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」といわれています。
個人輸入の形態としては、
1.輸入者自身が購入したい品物を直接、外国の通信販売会社、小売店、メーカーなどに注文して、そこから直接購入する方法
2.輸入代行業者に注文して、その代行業者を通じて輸入する方法 などがあります。  
また、海外からの輸送方法については、
1.国際郵便を利用する方法
2.国際宅配便を利用する方法
3.一般貨物として、船便又は航空便を利用する方法
などがあります。
くすり屋さん.comは、個人輸入「代行業者」ではありません。一般の販売業者です。
くすり屋さん.comでは、一回一回の商品の発送の度に香港の役所で医薬品の輸出許可を取得してお客様にお届けしています。(毎日数百枚の書類を提出しそれぞれの商品発送(輸出)の許可を得ています)

  • インド/シンガポール普通郵便直送+香港/シンガポール普通郵便直送=750円
  • インド/シンガポール普通郵便直送+香港/シンガポールEMS直送= 2,700円
  • 商品到着までに掛かる期間
    (カード決済の場合)
    基本的に、くすり屋さん.comはすべての商品を在庫し、商品のご注文を受けた翌営業日に発送しています。ですので、上記の通り、何事も無い場合は決済完了後、くすり屋さん.comが正式な受注確認メールを送信してから7-14日程度で到着しています。(インドからの直送のみ対応と記載された商品に関しては14~28日程を見てください)
  • 到着商品の形状
    商品は何も書かれていない一般的な小型の段ボール箱あるいは封筒に入れ、”薬・薬局・medicine・pharmacy”あるいは具体的な商品名などは一切表示せずにお届けいたします。
    ただし、EMSで商品をご注文頂いた場合には、くすり屋さん.comの社名と、商品名が送り状に記載されます。ご注意ください。
  • 発送可能地域
    世界中ほとんどの国へ商品をお送りしていますが、下記の国にはお送りすることができません。ご注意ください。
    アルバニア、オーストラリア、ベルギー、カナダ、クロアチア、フランス、ドイツ、ポーランド、インド、イスラエル、イタリア、ニュージーランド、ペルー、ロシア、スペイン、スウェーデン、中国、香港、台湾、韓国
  • 詳細は、⇒くすり屋さん.com





a:3250 t:3 y:3