混迷時代の人材戦略

先行き不透明期、皆さんはどのように対策を講じていますか?

大企業も業績不振、経営悪化、海外進出等・・・、
大規模のM&Aやリストラ、人員削減の時代です。

ゆとり教育で育った3K嫌いで内向思考の就職希望者と
若者の労働価値感の変化に危機感を持った企業では、
日本人の新卒者を敬遠し、優秀な外国人の大量採用を進めています。

今後の海外進出で日本人を採用し育てるよりも、
その国の優秀な人材を採用し、
自社の経営など修得した幹部候補者を中心に、
母国やグローバルで事業展開する戦略が成功しているからです。

人・物・金・情報が激しく流動化し国際化する時代、
企業は生存をかけ、従来の事業パターンから一端離れ、
海外との関係構築が避けられない時代です。

海外進出や海外取引する企業に於いて、

外国人労働力の受け入れと教育訓練の必要性が、日々高まっています。



日本語の意思疎通手段を充分に備え、
高度な技術を持ち、経営状態に理解を示し、
最低賃金に甘んじ、如何なる配置にも文句を言わない労働者とは、
一体どのような人で何処にいるのでしょう?

あらゆる既存の価値観やシステムが崩壊に向かい、
外国人でも高度技術者や技能者・経営幹部は相応の賃金で雇用され、
高度でない分野では低賃金化がすすんでいます。

また、日本の若者の労働価値観が崩壊している事とは別に、
30代後半から40代の中堅の労働者の生活には、
様々な社会的義務や制約が付いて廻ります。

住宅ローンや子供の養育・教育費、その他、
被扶養者への責任や生活維持費などなどへの対応です。
これら制約を抱えた日本人は、
自身が企業に提供する雇用効果の如何に関わらず、
最低賃金で生活を賄う事は全く不可能なのです。

現状では、海外展開や人材等も問題がなくても

様々な可能性を追求する中、

外国人労働者を検討する企業が増えています。

そこで、外国人技能実習生の活用です!

  • ぜひこの機会に、外国人技能実習制度を活用し、
    あなたの事業の国際化戦略に向け、準備されることをお勧めします。

外国人技能実習制度の詳細はこちらです ⇒ 外国人技能実習制度 -成功の秘訣-


国際化・人材戦略

その他

  • コミュニケーションテクニック一覧
    • 横山信弘のメルマガ 「草創花伝(そうそうかでん)」
      ……読み続けることで現状維持バイアスが はずれ、
      新たな行動がスタートできるようになるメルマガ
      マネージャーがうまく部下をリードできず、
      自発的に行動変革をうながしたい場合は、
      このメルマガを継続的に目を通すだけで行動に変化が見られるようになります。
      「インパクト×回数」を利用し、知らぬ間に潜在意識を活性化させるのが狙いです。




a:3153 t:1 y:0