フィリピン人が技能実習生として来日する動機は?

フィリピンでは職が無い事、
あっても取得する給与では食べて行くにも不十分である事、
これでは家族に対する将来責任が果たせない事や将来設計ができない事などです。

現在施行されているフィリピンの最低賃金法は、
都市部では日給計算で約400ペソ(約800円)ですが、
田舎や中小企業では守られていない場合がほとんどです。

あくまで最低賃金は,
外国からの投資企業や大企業のみに適応されているのが実状で、
最低賃金での雇用を中小企業が実施した場合、
経営出来なくなるという現実が存在しているのがその理由です。

では、一体どの位の収入が海外であれば、
フィリピン人労働者は納得し仕事をするのかといいますと、
家族生活が維持できる事、子弟教育を受けさせる事ができる事、
少額でも将来の事業を主目的とした貯蓄ができる事、・・・等です。

現在日本にいるフィリピン人が送金している平均金額が毎月5万円程度。
ペソにして25,000ペソ位が最も多く、家族生活を保障する金額で、
子供に良い学校を選ぶとか、贅沢させるレベルではありません。

日本滞在中で彼等自身が使用する金額は、
まず食費として1~2万円、その他雑貨や衣料で1~2万円程度が普通で、
協同炊事などの共同生活を上手に活用し、出費を抑えた生活をしています。

逆算すると7~9万円の手取り所得が保証される必要があります。
それらを費やした後、余剰した金額が将来の為の貯蓄になります。

また、収入の向上の為、適度な残業をしたがります。

公正な評価制度、実績や業績に関連する賞与制度など、

評価高い仕事をした場合に、収入に関係する制度がありますと、

一生懸命仕事をする様になります。

しかし逆に仕事内容には限界もあります。
それは管理的能力を求めてもほとんど出来ない事です。
フィリピン人がフィリピン人を管理したり、
抽象化した業務を順序良く自発的にこなす事は不得手です。
つまり、指示命令された業務向きであると思います。


国際化・人材戦略

外国人技能実習制度の詳細はこちらです⇒ 外国人技能実習制度 -成功の秘訣-




a:3060 t:1 y:0