未来世紀ジパング 進化する出稼ぎ大国フィリピン

2012.6.4放送

我が家に、家政婦が来る日~進化する出稼ぎ大国

東京の家事代行サービス会社で、フィリピン人家政婦の人気が高まっているという。「明るくて、物を頼みやすい」うえに、英語が堪能なので子供の英語教育にも役立つのだそうだ。働く母親たちの強い味方となっている。ただし、日本では家政婦としての出稼ぎ労働は認められていないため、この会社に所属するのは日本人と結婚し在留資格を持つ人たちだ。このように日本では極めて限定的だが、実はフィリピン人家政婦は全世界で活躍している…。フィリピン人の出稼ぎ人材を通して、外国人労働者に門戸を閉ざしてきた日本が、どう対応すればいいのかを考える。

フィリピンパブは昔・・・世界一の出稼ぎ大国、驚きの実像

2年前、フィリピンの航空業界でちょっとした下克上が起こった。格安航空のセブ・パシフィック航空が、長らく1位だった国営のフィリピン航空を乗客数で抜き、ナンバー1の座に着いたのだ。その原動力となったのが、観光客でなく、海外と頻繁に行き来する出稼ぎ労働者だった。
フィリピンの人口から出稼ぎ労働者として海外に働きに出ているのは、なんとおよそ1000万人以上、10人に一人と言われている。出稼ぎ先は世界130カ国。そして、彼らが国内に持ち帰る外貨は、なんとGDPの10%以上にのぼり、文字通り国家の基幹産業となっている。このグローバル時代に益々存在感を高めるフィリピン人材。フィリピン政府は国策として、出稼ぎ戦略を押し進めていた。その働き手の波は、日本にも向き始めている。

フィリピン人介護士がニッポンを救う!?

いま、最も切実に必要とされているのが、介護の現場だ。特別養護老人ホーム「新横浜パークサイドホーム」では、フィリピン人とインドネシア人の研修生が18人働いている。「娘みたい」、「休んだら寂しい」と、お年寄りたちの評判はすこぶる良い。しかし、国家試験のハードルが高いのがネックとなっていて、一気に増えるような状況にはない。EPA(経済連携協定)の締結によって、フィリピンとインドネシアの看護師、介護福祉士の受け入れが始まったが、4年たっても1500人ほどにとどまっている。日本の介護現場は、2025年には今より60万人~100万人もの介護士が必要だという試算があるが、今のまま、少子化が進んだ先の未来は一体どうなるのか?

フィリピン人の「出稼ぎ労働者」というと、ちょっと負のイメージをもたれる人もいるようです。夜の世界で一時はやった「フィリピンパブ」の影響があるかも知れません。ただ、あのフィリピンパブやホステスをしていたフィリピーナは今、激減しています。
フィリピン人材は、日本人が思っている以上に、世界では評価されていて、いま引っ張りだこの状態です。「少子高齢化」大国の日本が進むべき道を、フィリピン人を通して見つめていきます。

人材開国で家庭所得倍増!

人材というのは能力があって、働く気持ちがある外国人。日本はその人たちに国を開くということが必要だ。そして人材開国をすると、日本の家庭所得が倍増する。少し分かりにくいかもしれないが、太田はこう考える。
フィリピン人家政婦が家にやってくると、お母さんは家から出て、働きに出られる。お父さんが働いてお母さんが働くから、所得が倍増するのだ。そうすると、もう一人子供がいても頑張れるという気持ちになり、2人目、3人目の可能性が出てくる。そうすると、将来的には、少子化が止まるという、好循環が生まれる。
今、日本の女性というのは大変に難しい立場にいる。家庭を守って、出産をして育児をして、介護もしなくてはいけない。そこが日本の経済の一番の問題。そこで考えなければならないのが、女性の社会進出だ。世界経済フォーラムの女性の社会進出度ランキングによると、日本は135ヵ国中の98位、下のほうだ。日本には社会に出てキャリアを積んでいながら、出産や育児をきっかけに家庭に戻ってしまい、そのまま出てこなかったりする、有能な人材が埋もれている。これから特に、日本の経済を支えてきた団塊世代が社会の第一線から引退していき、代わりに誰が働くかという時に、少子化で人が減っている。それを補う力を持っているのが日本の女性なのだ。
外国人に対して恐怖心や心配があるかもしれないが、まずは人材の開国をし、今ひとつの勇気を持って、受け入れる気持ちを持って踏み出すことが第一歩になる。

太田泰彦(日本経済新聞社 論説委員兼編集委員)
1985年日本経済新聞社入社。1994年~ワシントン支局、1998年~経済部編集委員、2000年~フランクフルト支局長、2004年~論説委員、兼国際部編集委員。1面コラム「春秋」を執筆。


国際化・人材戦略

外国人技能実習制度の詳細はこちらです⇒ 外国人技能実習制度 -成功の秘訣-




a:3187 t:1 y:0